イメージ画像

間違ったスキンケアに注意

スキンケアを行う場合、正しい方法で実践しなければ逆に肌を傷つけてしまうことがあります。 そのため、自己流で適当にケアをしているという人は、一度自分が行っているスキンケアが正しいかどうか考えてみてはどうでしょうか。

まず、化粧水を塗る時の注意についてです。昔から、化粧水を塗ったあとはパッティングをしたほうがいいという話が有名ですよね。

化粧水を塗ったあとの肌に対し、手のひらやコットンを使ってぱちぱちと刺激を与えると、なんとなく浸透力が高まるイメージがあるかもしれません。しかし、実はパッティングはアンチエイジングについて考えた際にあまりおすすめできないものなんです。

というのも、皮膚をぱちぱちと叩いて刺激を与えてしまうと、皮膚にとって負担となってしまい、黒ずみや色素沈着が発生してしまう可能性があるからです。力を入れてパッティングしている人ほど黒ずみが発生しやすくなってしまうので、化粧水は優しくつけてあげましょう。

次に、マッサージのし過ぎもやめたほうがいいです。マッサージをするというと肌にとってとても良いことをしているというイメージがあるかもしれません。もちろん、適度なマッサージは血行不良を改善させる効果があって効果的なのですが、やりすぎると悪影響があります。

特にクレンジングをする際にオイルタイプのクレンジングを使っている人は注意しなければなりません。 クレンジングオイルをつけてから念入りにマッサージをしすぎてしまうと、その成分が肌に刷り込まれてしまうことがあります。

最後に、スキンケアの種類について考えてみましょう。アンチエイジングについて考えた時に、肌にとって良いものはとにかくたくさん取り入れようと思っている人も多いはずです。

しかし、肌につける化粧品の中には合成界面活性剤というものが使われている商品がたくさんあります。 合成界面活性剤は肌のバリア機能を低下あせてしまうものでもあるので、あまりにたくさんの化粧品を使いすぎると肌が弱くなってしまう可能性があるのです。そうならないように、スキンケアに使う商品は増えすぎないようにしましょう。

このページの先頭へ