イメージ画像

マッサージでアンチエイジング

若い頃の肌はとても潤いがあり、新陳代謝も高いです。しかし、歳を取れば取るほど肌の新陳代謝機能は低下してしまうので、マッサージでカバーをしてあげましょう。マッサージには様々な方法がありますが、基本中の基本として頭に入れておきたいことがあります。

それは、マッサージをする前にクリームなどを塗るということです。何もつけずにマッサージをしてしまうと指と肌の間で摩擦が発生してしまい、肌を大きく傷つけてしまうことがあるのです。

こういった間違ったマッサージを継続してしまった場合、肌の状態が悪化してしまう可能性もあるので十分に注意しなければなりませんね。それから、力を込めてマッサージをしているという人も注意しましょう。

基本的に優しく圧迫するのが正しいやり方となっているので、痛みを感じるほどの力を入れる必要はありません。肌はとても傷つきやすく、繊細であるということを理解しておくことが大切です。マッサージをする際には人差し指に力が入りやすいと言われています。

そのため、つい力が入ってしまうという人は中指、薬指、小指の3本の指を使ってマッサージを行うようにするといいですね。アンチエイジングのためのマッサージを行う場合は、はじめに顔の肉をほんの少しだけひねってほぐしていきます。この時も、痛みを感じるほど強く行う必要はありません。

次に、口角から頬に向けて顔を引き上げるようなイメージでやさしくマッサージをしたら、同じく口角から小鼻に向かってマッサージをします。目元にたるみが発生してしまう人も多いですが、これもマッサージで対応しましょう。目頭を軽く抑え、目頭、眉の下、目尻という流れで目のうえをなぞるような形でマッサージをします。

次に、おでこのしわを引っ張るようなイメージでマッサージをしたら、頬に両手をあて、耳の下に向かって軽く手を動かしながらマッサージをしたら最後に耳の下から鎖骨に向かってリンパを流して完了です。

このページの先頭へ